多様化する美容室について

美容院の一日について

美容院の始まりはなんといっても掃除です。

 

 

どんなに立派な美容室でもこの掃除が手抜きですと全てが台なしになってしまいます。たいていは新人などの芯入りが一番に来て行うことが多いのではないでしょうか?

 

カットされた髪の毛や窓ガラス、鏡などは特に念入りにしなければいけません。使用したタオル、水回りなども大変です。

 

美容室が開店しますとお客さんがいる美容師はカットやカラーなど、また何も無い人は補佐に回ります。その他に手が空いているときにはダイレクトメールを作成したり、ブログの更新、営業の電話などがあります。もちろんタオルの洗濯、シャンプーやトリートメントの補充や発注など、本当に雑用の部類にもはいるような大変な仕事が山積みです。

 

 

 

技術だけではない美容室

美容室に何を求めるか?と言ったら、皆さんは何と答えますか?カットしにいくところに決まっているじゃない?という声が返ってきそうですが、現代、美容室に求めることというのは、人によって様々です。

 

私たちがこういうことをしに美容室に行こうと考えることができるほど、現代の美容室というのは多様化が進み、様々な魅力的なサービス展開をしているのです。私の場合、美容師さんの技術ももちろん求めていはいますが、その前に、技術だけではなく、気持ちよくストレス解消ができる場所を求めているような気がします。

 

きれいになる、ということは女性にとってストレス解消になります。美しく聞かざると、気持ちもウキウキしてきますよね。きれいになるために努力するということではなく、きれいにしてくれる場所、それが美容室なんですね。美容室に何を求めるか?

 

というと、やはり、技術だけではなく、癒しやストレス解消、気持ちよさを求めるという方が多くなっているというのもうなずけます。