イケメン美容師にはまりすぎるとよくない?

イケメン美容師にはまりすぎるとよくない?

美容室の質の向上の要素の1つとなっているのかどうかわかりませんが、みなさんはイケメン美容師が載ってある雑誌を見たことがありますか?

 

 

 

いわゆる、女性をターゲットにしている雑誌に時々何とかという有名美容室に行くと、こういうイケメン美容師がいるよと写真まで載せてくれているのを見たことがあるでしょう?

 

 

 

まあ、女性なら美に関して大なり小なり関心がありますから、イケメン美容師と聞くと、心が踊る人も少なくはないと思います。(美容師さんと恋愛したい人ならなおさらかもしれませんね。)

 

 

 

もちろん、ヘアケアしてもらっている間、イケメン美容師さんがしてくれるなら気分が悪いということはありません。シャンプー、カットやパーマ、ブローをしてもらっている間、髪の毛を優しく触ってくれるのですから、なんとも言えない心地よさに陥ってしまう女性のお客様も多いかと思われます。

 

 

 

美容室が多様化していっていますが、イケメン美容師さんだけに意識を奪われてはいけないということも頭の片隅に入れておくべきだと思います。意外にイケメン美容師さんのうわさがいいとは限らないのです。

 

 

 

中身(教養面において)があまりになかったり、 美容師さんとして新しい簡単な技術を持っているだけだったりするのです。中にはもてすぎて、女性の扱いがゆがんでしまっているイケメン美容師さんも中にはいるとの話です。

 

もちろんそうでない美容師さんも多いですが、イケメンだけにこだわってヘアケアという本質を見落としてしまうと、後で被害を被ることもあるということを忘れないでおいていただきたいです。