意外と難しい

意外と難しい

今たくさんの美容師が受験している試験があります。
それはヘアケアマイスターと呼ばれる資格試験です。

 

 

 

ヘアケアマイスターとは髪の毛のケアに関するマエストロです。
ヘアケアに関しての知識が沢山あり、一人一人のお客さんの髪の毛の診断を正しく行う事が出来、そしてその診断を元に正しいヘアケアの方法と処置、アドバイスを的確に出来る人に送られる権威と名誉のある称号なのです。
このヘアケアマイスターにはプライマリーコースという一番簡単なコースをはじめ、ミドルコース、ヘアケアマイスター1次コース、ヘアケアマイスター2次コースと4つのレベルのコースがあり、一番下のレベルから順番に受験していくのです。

 

 

 

毛髪に関してのカウンセリング、ヘアケア剤、毛髪科学をプライマリーコースで学びます。
ミドルコースではプライマリーコースで学んだ内容とヘアカラー剤及びパーマ剤について学びます。
ヘアケアマイスター一次コースではミドルコースで学んだ内容に加え、頭皮ケアや皮膚科学について学び、ヘアケアマイスター二次コースではお客さんとおコミュニケーションを円滑にするためのスキルを学び、顧客満足度を高めるための技術を取得するスキルを身につけます。

 

 

 

ヘアケアマイスター一次及び二次試験は一年に一回だけしか受験する事はできませんが、プライマリーコース及びミドルコースは年に2回受験する事が出来ます。合格率は非常に低く、マイスター一次コースで20パーセント弱です。
真剣に勉強しないとなかなか合格できない試験なのです。